昔から

草原

建物の工事において業者の仕事の結果が、別の会社の業務に影響を及ぼす場合があります。例えば建物内には様々な電気設備を備え付ける事になるため、配線作業を必ず行います。その配線作業を担当するのは単独業者とは限りません。敷設するケーブルの種類によって、複数の業者が共同作業する事もあります。 協調して作業する事ができればトラブルは発生しにくいと言えますが、各業者にも都合があるため難しいのです。そしてコミュニケーションの失敗によって、業者の仕事が乱暴になってしまう場合があります。図面通りに仕事を行わず強引に結果だけを手に入れようとする事です。建物の工事で複数の業者が参入する事は頻繁に行われており、建設業が登場した頃には見受けられる光景でした。

工事業者のぶつかり合いは今後も増えると言われています。設備と専任の業者が同時に増えていくからです。それを解消するために仕事の進みを確認する設計管理の仕事が重要になります。設計管理は代行業者へ依頼するか、図面を引いた人間を呼ぶ事で実践できます。 工事が図面と大きく異なった進み方をしていると、それを依頼主に引き渡す時トラブルになりかねません。それ故に設計管理の担当者は重責を担う事になります。しかし設計管理の担当者が素晴らしい業務を遂行すれば、建物は事前に提示した通りの完成を果たすのです。 全てを一任できる工事業者が登場すれば、現場への参入者を減らす事が可能です。それによってぶつかり合いは減りますが、様々な人材を抱える事が業者に求められます。