土地を活用して発電

高原

土地付き太陽光発電を資産運用に使う人が増えています。土地を持っていない人や屋根に設置しても売電できる量が少なくて諦めてしまった人にお勧めです。土地付き太陽光発電を資産運用に利用する理由は再生可能エネルギーの全量買取制度が始まったのことと関係があります。買取価格は固定制で10キロワット以上の発電をする場合に発電した電力を20年間電力会社が買い取ってくれます。この買取は確実なので問題になるのは発電量です。20年間発電することができれば売り続けることができます。その為、将来の年金不足をまかなうこともできます。また、20年過ぎたとしてもまたその時の価格で売電することができます。今は年金に不安を抱えている人が多く、そのような人たちの新しい資産活用の方法として注目を集めています。

土地付き太陽光発電をするには太陽発電に向いた土地を購入する必要があります。それからその土地にパネルの設置、パワコンの設置をします。また、土地を整備する必要がある場合は整地代と電力負担金、土地の売買にかかわる諸経費が必要になります。これらの総額が土地付き太陽光発電を購入する際に必要となります。 例として、区画で販売している土地付き太陽光発電は2000万円から3000万円以下くらいで購入することができます。大規模発電所は1億から7億位です。発電量にも違いがあり区画で販売している土地付き太陽光発電は50キロワット未満の発電量です。大規模発電所は概ね300から2000キロワットの発電が見込めます。ここまでくると法人が電気代の節約の為に購入しそうな物件です。これから土地付き太陽光発電の価値は上昇する傾向にあります。