天候を見ながら活用する

沢山の花

太陽光発電は二酸化炭素排出量削減のために見直され、最近では原発事故が発生して、これに置き換わるものはないかというとことで大いに期待されて来ている電力発電方法の1つです。 太陽光発電を家屋の屋根に取り付ける場合には、北は北海道から南は九州沖縄まで色々な土地風土に跨っています。晴天が多い地域もあれば冬場は雪が積もる地域もあります。屋根の面積や太陽光を受ける方向などそれぞれに特徴があります。 曇天のときは発電量が落ちますし、夜間は発電できませんから電力会社のものを供給することになります。 それでも最近は新築時に設置すると余った電力は電力会社に売電することで収入を得ることも出来るので人気のようです。 パネルで結晶シリコンの場合には気温の高い場合には発電量が低下するとも言われています。しかし最近はこれを充電できる蓄電設備も開発され、夜間や非常時にも使えるとされていますので期待が持てます。

最近は原油高によって電力料金にそれが反映されますので節電意識が高まって来ています。 これに効果的なのが省エネ対策としての高気密、高断熱の施工です。サッシも樹脂性のものを使い、2重サッシにしたりペアガラスの窓にすることで暖冷房の負荷を減らせます。その上に外壁や内壁、あるいは屋根に断熱塗装を行うとさらに負荷を減らせて光熱費が浮くことになると思われます。 太陽光発電を設置するに当たっては補助金を利用できたり、金利が2.5%の低金利のソーラーローンという専用ローンも活用できます。又、時期が経つほどに価格は下がって来ていて買い易くなっています。 最近では車庫の屋根や陸屋根の屋上部分に取り付けるケースも見られます。 農地においては上部に太陽光発電パネルを設置して、下部では農作物を育てるという試みもなされ来ています。